老人性イボを治すための効果的な4つの方法

老人性イボを治すための効果的な4つの方法

クリニック

イボを治すにはクリニックで治療をした方が
圧倒的に早いと考える人も少なくはないでしょう。

治療法は以下の様な方法があります。

・医療用ハサミによる切除方法

・炭酸ガスレーザーによるレーザー療法

・液体窒素による冷凍凝固療法

・いぼ治療薬による処方

 

医療用ハサミによる切除方法

治療2

 

老人性イボを確実に除去する方法の中には
医療用のハサミを使用してイボを
直接切ってしまう治療法があります。

当然のことですが、出血しますし痛みもあります。

 

個人的な感想ですが、ハサミを使用した治療法では
麻酔をしないので恐怖すら感じてしまいますね。

多少の勇気が必要ですが、それでも確実に
老人性イボが除去できるので、やって見る価値はあるでしょう。

 

ハサミを使用した治療法の欠点は
イボの大きさによっては除去できないこともあります。

医療用のはさみでの治療の場合は、各病院やイボの状態などで
値段は多少変わってくることもあります。

例えば、5mm以下の老人性イボを
医療用ハサミで治療した場合は「6,000円~14,000円」になり
この値段とは別に、診察料や薬代などが必要となる場合が多いです。

もちろん、保険なども適用されます。

 

炭酸ガスレーザーによるレーザー療法

 

炭酸ガスレーザーという治療法がありますが
これは、確実に老人性イボを治す事ができます。

炭酸ガスレーザーの治療法の場合は
麻酔を使用するので痛みは全く感じることはありません。

しかも、出血もしないので中々血が止まらないという人も
治療を安心して受けることが出来ますね。

 

炭酸ガスレーザーでイボを除去した後は
治療をした部分が少し凹んだ状態になりますが
数日間治療した部分にテープを貼るようですね。

老人性イボを焼ききるという感じですので
少し怖い感じもありますが、一度の治療で済むのが
メリットの一つと言えますね。

 

治療の値段は「4,000円~10,000円」となりますが
保険が適用されないことが多いので治療前に
医師に相談をするのも方法の一つと言えます。

 

液体窒素による冷凍凝固療法

 

綿棒のようなものに、液体窒素を浸して
それを、イボにつけて火傷のような状態にして
取り除くという方法ですね。

火傷→カサブタ→火傷→カサブタ」という具合に
1箇所が完治するまで何度か通院する必要があります。

 

以前は、全く麻酔をしなかった病院も多かったようですが
最近では麻酔をするところもあるようです。

液体窒素をつかった治療法では
老人性イボが複数あっても治療ができます。

しかし、この治療法は確実にイボを
確実に、除去できるという保証がないというのが
最大のデメリットとなります。

 

液体窒素による冷凍凝固療法の値段は「6,000円~8,000円」で
保険が適用されることが多いです。

 

イボ治療薬による処方

 

老人性イボを手軽に自宅で治療をすることが出来ます
この場合は、市販薬か通販での薬を利用することになります。

老人性イボに効果的なケア商品を購入することによって
通院する手間が省けて値段的にも経済的なので
メリットは大きいと言えます。

 

デメリットは、効果が出るまでに時間がかかるということですが
イボや形状によっては、時間がかかるということですね。

アンミオイルも、そのケア商品の一つとなりますが
老人性イボに効果があるといった評判もあるので
効果は期待できる可能性もあります。

アンミオイルを試してみる価値は十分にあると言えます。

↓      ↓

アンミオイルで首や顔のつぶつぶ、ポツポツがポロリっ!?

コメントを残す