アンミオイルの効果を飛躍させる5つの成分とは?

アンミオイルの効果を飛躍させる5つの成分とは?

anm

アンミオイルは5つの成分が含まれていますが
その中に、危険と感じる成分というのは全く見当たりませんでした。

アンミオイルの口コミでも成分に関する副作用など
そういう書き込みをいしている人はまだ見たことが無いです。

 

そんな杏実オイルの成分は
以下の様なものが含まれています。

 

オレイン酸ステアリン酸

パルミトレイン酸

パルミチン酸

リノール酸

アンミオイルに含まれているのは以上の5つの成分が配合されています。

オレイン酸は、肌の脂肪酸と同じ組織で
乾燥している肌にも効果的な成分です。

 

ステアリン酸は、肌に潤いを与えて
肌を柔らかくする働きがあり、アンミオイルを塗ると
肌が柔らかくなるという感じはこの成分の働きなのでしょう。

パルミトレイン酸は角質を柔らかくする効果があり
パルミチン酸から作られる成分でもあります。

 

パルミチン酸は皮膚を保護する働きがあり
リノール酸は肌を生き生きとさせて肌の乾燥を防ぐ働きがあります。

 

アンミオイルの成分は、以上のように
肌に優しい成分がたくさん含まれているため
副作用に恐れること無く安心して使用することが出来ます。

イボが出来て困っている人は
アンミオイルを試してみると良いでしょう。

↓      ↓

首や顔のイボを自宅で簡単ケア♪

アンミオイルとイボコロリの違い【美肌効果もある】

アンミオイルとイボコロリの違い【美肌効果もある】

アンミオイル イボコロリ

イボコロリとアンミオイルを徹底的に比較をしていこうと思いますが
どちらも、基本的にはイボを治すことが可能な薬です。

イボコロリは市販でも販売しているのを見かけましたが
アンミオイルの方はドラッグストアでも見かけることがないので
知らない人のほうが圧倒的なのではないでしょうか。

 

実は、アンミオイルとイボコロリはイボを治すという面では
非常に似通っていますが、リガう部分が圧倒的に多いです。

イボコロリとアンミオイルとの違いを比較していきます。

 

イボコロリの特徴

イボコロリ

イボコロリはテレビでもCMが流れているので
結構知れ渡っているイボの薬ですね。

効果の方も、イボが治ったという口コミが多く
驚きのメッセージなどが口コミなどにあるのを見かけます。

 

使い方としては、イボコロリのキャップに付いている
棒の先に液体をイボに塗るという方法です。

イボコロリの特徴としては
肌への浸透力が優れているという点ですね。

 

液体をイボに塗るとすぐに液体は乾き
塗った部分に白い皮膜ができるというのが
イボコロリの特徴のようです。

イボコロリは、イボに塗ったすぐに
水仕事や入浴などをしても何も問題ないのが
結構メリットになっている感じがします。

 

イボコロリで使用してはいけない部分

顔面、目の周囲や唇、粘膜など。

首などの皮膚のやわらかい部分。

炎症又は傷のある患部。

水イボ

老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)

尖圭コンジローム(肛門周囲や外陰部にできたイボ)

一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ

 

アンミオイルの特徴

アンミオイル

アンミオイルは「杏仁オイル」が主成分として
試行錯誤で70%という比率を出し配合されています。

イボの形状や大きさによっては
アンミオイルを塗っても効果を実感しにくいですが
小さなイボなら1ヶ月でなくなってしまいます。

 

塗った後の肌への浸透力はイボコロリ同様に素早く
イボコロリと違う所は白い皮膜ができないことです。

アンミオイルも塗った後にすぐに水仕事や入浴ができます。

 

イボコロリとの違いは、アンミオイルは
肌に塗ったら滑らかになり潤いまで肌に与える
美肌効果もあるということですね。

アンミオイルで使用してはいけない部分
水イボ(効果を感じられない)

アンミオイルで使用してはいけない部分というのは
余り存在しないのでどこにイボが出来ていても
安心して塗ることが可能だということです。

全身どこでも使用できるし
美肌効果もあるのでアンミオイルはオススメできます。

↓     ↓

アンミオイルで首や顔のつぶつぶ、ポツポツがポロリっ!?

 

 

アンミオイルのお試しでイボが取れるのか検証!

アンミオイルのお試しでイボが取れるのか検証!

イボ

アンミオイルのお試しでイボが取れるのかですが
そもそも、大きなイボに塗って取れないと言っている人は
1ヶ月も待てない人が多いですね。

アンミオイルの悪い口コミだけに限らず
他の商品の悪い口コミに関しても「使用した期間」は
全く書かれていないことが多いです。

 

アンミオイルのお試しを塗って短期間でイボがとれた人というのは
小さなイボに塗ってとれたということです。

イボの大きさによっては、効果を実感するまでに
時間がかかってしまうので取れるということを信じて
継続をしていくことが重要なんでしょうね。

 

「杏仁オイル」は、少ないと効果は殆どでないのですが
アンミオイルに関しては、70%の比率で配合されているので
効果はイボの大きさなどで時間がかかってしまうということなのでしょう。

イボの大きさによっては取れる時間というのが
大きく変化するので、長期的な目線で継続することが
イボを取り去る事ができる方法の一つになるのでしょうね。

 

イボの大きさが小指の爪ほどの大きさなら
早い人で6ヶ月で取れてしまうようですが
イボの形状で、実感できるのも
遅れるケースも出てくるのかもしれません。

アンミオイルのお試しでも小さなイボなら効果を実感できるので
初回限定980円と安いので試してみると良いでしょう。

↓      ↓

首や顔のツブツブがポロリっ!!今だけお試し980円

顔にできた老人性イボが3ヶ月でなくなった秘密とは?

顔にできた老人性イボが3ヶ月でなくなった秘密とは?

イボ

顔に出来た老人性イボが3ヶ月でなくなったのは
アンミオイルを塗り続けたからです。

目元などにイボが出来ていましたが
3ヶ月でなめらかな肌になりました。

 

え?ほんとに~?!」って鏡を見た時に
そう思ってしまうほど衝撃だったんです。

目元にあったポツポツしたイボが以前から
かなり気にはしていたのですが、杏仁オイル配合のオイルを
イボに塗っても効果は殆ど感じられず諦めかけていたのです。

 

ですが、アンミオイルの口コミには驚きの声が
多数ありネットの情報を信じて購入に至ったわけです。

今回見つけたのは「アンミオイル」という
主成分が杏仁オイルで比率が70%ほどなので
肌にやさしい刺激のない比率だということでした。

アンミオイル2

アンミオイルは、顔だけではなく脚やお尻など
全身ならどこでも塗れるというのが
とてもありがたいオイルだと感じました。

 

ですが、アンミオイルにはデメリットがあり
イボの形状が大きい場合は、時間をかけて
塗らないとイボが消滅してくれないということです。

それでも、3ヶ月はかかるので
イボが小さい部分で試してみるのも良いかもですね。

↓      ↓

アンミオイルで首や顔のつぶつぶ、ポツポツがポロリっ!?

アンミオイルの主成分「杏仁オイル」の秘密とは?

アンミオイルの主成分「杏仁オイル」の秘密とは?

アンミオイル2

アンミオイルの主成分である「杏仁オイル」は
アプリコットカーネルオイルと呼ばれています。

アンズ(アプリコット)の種の中にあるという
「仁」を圧縮して出来上がった植物オイルを
「杏仁オイル」と呼んでいます。

 

「杏仁オイル」は肌に潤いを与える効果があるので
荒れた肌を再生するという効果もあります。

イボ

また、イボに対しても角質を柔らかくする性質があるので
「杏仁オイル」はイボに対しても効果を発揮する成分といえます。

「杏仁オイル」はアンミオイルの主成分ですが
オレイン酸という成分が「杏仁オイル」に65%ほど含まれていて
肌にやさしいスキンケアオイルとも言われています。

 

そして、なんといっても浸透性の高いオイルで
肌を柔らかくするという性質もあるので
美容に気を使う女性も使用が可能なのです。

イボを無くして肌を綺麗にしたいという人は
アンミオイルを試してみると良いでしょう。

↓       ↓

首や顔のつぶつぶ、ポツポツに浸透してポロリっ!?